レンタルサーバーの用語集

サブディレクトリとは?

サブディレクトリとは、サブドメインと同じように独自ドメインを分割して使用するためのものです。

しかし、
サブドメインは用途別に独立したホームページを作るのに対して、
サブディレクトリは、メインサイトの下層ページに用途別のページを作る扱いとなり、独立したホームページではありません。

サブディレクトリは、独自ドメインを「/(スラッシュ)」で区切り文字を表記します。
独自ドメインが「○○○.com」の場合、「○○○.com/□□□」のように○○○.comの後ろに□□□の文字列を挿入します。

独自ドメインの下層ページの扱いなので、検索エンジン(Googleなど)の評価は独自ドメインのメインサイトに依存します。
サブディレクトリのクオリティ次第で、メインサイトの評価を上げることも、下げることもできるということです。

  • 独自ドメインの下層ページになる
  • 検索エンジン(Googleなど)からは、独立したホームページとして評価されない


当サイトも利用しているおすすめレンタルサーバー



当サイトでも使っているエックスサーバーは、一番安いプランでもディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量は無制限と他の格安サーバーでは見られないスペックで、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

電話サポート(平日10:00~18:00)とメールサポート(365日24時間)も無料で付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバー公式サイトへ
ABOUT ME
ひよこ次郎
ひよこ次郎
ひよこ次郎です!昼間は会社勤務、夜は週4でアルバイトの副業!をしながら当サイト「次郎のレンタルサーバー比較」を運営しています。中学と高校生の娘がいる貧乏暇なしの普通のオヤジです。