レンタルサーバーの用語集

データベースとは?

データベースとは、一定の形式で「複数で利用・共有すること」や「検索・加工すること」を目的に整理されたデータの集まりの事です。

GoogleやYahoo!が検索結果を表示するための世界中のサイトの情報や、企業扱う社員データ・顧客データ・売上データなどもデータベースと言います。

データベースはコンピュータだけで使われる用語ではありません。

ひよこ次郎
ひよこ次郎
家にある辞書やタウンページもデータベースだよ
レン子
レン子
そうか、辞書やタウンページも家族や友人と複数で共有して検索するデータベースなんですね

データベースの特徴

データベースには、情報を安全に管理・運用するための仕組みがプログラムされています。

  • 大量の情報を高速に処理する事ができる
  • 複数で同時アクセス時のデータ変更が可能である
  • ユーザー権限の管理ができる

例えば、会社などのネットワーク上にあるエクセルのファイルを複数人で利用する場合、最初にファイルを開いた人以外は、そのファイルを修正する事が出来ません。
別の人がファイルを修正するには、別ファイルとして保存する必要があります。

また、最初にファイルを開いた人が、そのファイルを閉じないでパソコンを離れてしまうと、その間はデータの更新が出来なくなってしまいます。

それに対して、データベースでは、複数人が同時に一つのデータベースにアクセスすることが可能で、他のユーザが変更した内容を随時確認する事ができます。

当サイトも利用しているおすすめレンタルサーバー



当サイトでも使っているエックスサーバーは、一番安いプランでもディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量は無制限と他の格安サーバーでは見られないスペックで、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

電話サポート(平日10:00~18:00)とメールサポート(365日24時間)も無料で付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバー公式サイトへ
ABOUT ME
ひよこ次郎
ひよこ次郎
ひよこ次郎です!昼間は会社勤務、夜は週4でアルバイトの副業!をしながら当サイト「次郎のレンタルサーバー比較」を運営しています。中学と高校生の娘がいる貧乏暇なしの普通のオヤジです。