レンタルサーバーの用語集

CSSとは?

CSSとは、カスケーディング・スタイルシートの略で、HTMLで作成された文書の装飾を行う際に使用される言語です。

以前のWebサイトでは、HTML内にフォントサイズやフォントの色などを記述していましたが、現在は画像の表示位置や背景や文字の色・大きさなどの指定はCSSで行うのが一般的となっています。

CSSを使う理由

CSSを使う一番の理由は、サイト管理のしやすさです。

例えば、「H1」などのフォントサイズや色などを変更する場合、以前は1ページずつ修正をしていましたが、CSSの場合は、CSSファイルを修正するだけで済みます。

ネット上で配布されているHTMLサイトのテンプレートやWordPressのテーマテンプレートは、有料・無料問わず基本的にCSSで作られています。

テンプレートをそのまま使用してもいいのですが、オリジナリティを出すためには修正することをおすすめします。

HTMLやCSSはとても難しいと思われるでしょうが、フォントサイズや色などのテンプレート修正くらいなら、少し勉強すれば誰でも習得する事が可能です。

当サイトも利用しているおすすめレンタルサーバー



当サイトでも使っているエックスサーバーは、一番安いプランでもディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量は無制限と他の格安サーバーでは見られないスペックで、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

電話サポート(平日10:00~18:00)とメールサポート(365日24時間)も無料で付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバー公式サイトへ
ABOUT ME
ひよこ次郎
ひよこ次郎
ひよこ次郎です!昼間は会社勤務、夜は週4でアルバイトの副業!をしながら当サイト「次郎のレンタルサーバー比較」を運営しています。中学と高校生の娘がいる貧乏暇なしの普通のオヤジです。