レンタルサーバーの用語集

HTTPSとは?

HTTPSとは

HTTPSとは、WebサーバとWebブラウザなどがデータをやり取りするのに使われるHTTPに、SSLによるデータの暗号化機能を付加したものです。

「HTTP」+「SSL」=HTTPS です。

SSL(Secure Sockets Layer)とは、Webブラウザとウェブサーバ間でのデータの通信を暗号化させる仕組みのことです。

ひよこ
ひよこ
最初に、httpの復習をしよう

HTTPとは、Webサーバー(レンタルサーバーなど)と、Webクライアント(ブラウザなど)が、ホームページのファイルを受け渡しするときの、インターネット上で使う通信のお約束事(通信プロトコル)です。

  1. あなたがホームページを見るとき、ホームページを見るソフト(Webブラウザ)がホームページのファイルが置いてあるコンピュータ(Webサーバ)に「このページが見たい」とお願いを出します。
  2. そのお願いに対して、WebサーバーからWebブラウザに「このページだよ」と返事がきます。
  3. あなたのWebブラウザに、受取ったページが表示されます。

上記の流れの「このページが見たい」「このページだよ」のやり取りで使う通信の約束事がHTTPです。

でも、HTTPで通信する内容は暗号化されていません
悪い人に、やり取りの内容(住所・氏名やクレジットカード情報など)大切な個人情報が盗み見られる可能性があります。

ひよこ
ひよこ
そこで、HTTPSの登場だよ

「やり取りする内容を暗号化する、HTTPと似ている通信のお約束事」が作られました。それが、「HTTPS」です。

HTTPSは通信の内容が暗号化されます。
悪い人が盗み見ても、やり取りの内容がバレにくくなっています。

郵便物にたとえると、HTTPは「はがき」で、HTTPSが「書留」のようなものです。HTTP(はがき)は配達途中に第三者がのぞき見したり、勝手に何かを書き加えたりすることができます。
一方、HTTPS(書留)は中身が受け手以外には分からないようになり安全です。

当サイトも利用しているおすすめレンタルサーバー



当サイトでも使っているエックスサーバーは、一番安いプランでもディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量は無制限と他の格安サーバーでは見られないスペックで、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

電話サポート(平日10:00~18:00)とメールサポート(365日24時間)も無料で付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバー公式サイトへ
ABOUT ME
ひよこ次郎
ひよこ次郎
ひよこ次郎です!昼間は会社勤務、夜は週4でアルバイトの副業!をしながら当サイト「次郎のレンタルサーバー比較」を運営しています。中学と高校生の娘がいる貧乏暇なしの普通のオヤジです。